@開発人fuji(研究室)
研究室です。 2010520~ブログ開始(続くかな?)テーマは日常の日記と言うことで。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってはいけない事。
上の辺りはだいぶ洗浄して落としたのですが
下の辺りのサイドが水玉になってますね。
バイク タイヤワックス
手元に来た時点でタイヤワックスがべっとり塗ってあり
洗浄したのですが今の写真でも水が弾いてるのが解るかと思います。
中古バイクは見た目ピカピカに見せるのに大変なのは解りますが
よく見せたいからってタイヤに油塗っちゃ駄目ですよ。
普通に乗っても滑るから危ないし。
リアはさすがに怖かったので交換しましたがフロントは洗浄して使う予定です。
スポンサーサイト

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

DUNLOP ダンロップ GT501
リアタイヤ交換しました。
DUNLOP ダンロップ GT501です。(140/70-70M 66HDB)
DUNLOP ダンロップ GT501 R
まだじっくりと転がしていないので
インプレは後日したいと思います。

テーマ:タイヤ - ジャンル:車・バイク

40km/1L エコバイク
化け物です。
燃費重視で6速まで一気に上げて運転するとリッター40km行きます。
VT250SPADA メーター
これは長距離ツーリングに最適。

テーマ:日記 - ジャンル:車・バイク

マスターシリンダーのピストン
分解前に新品を取り寄せていたので、新品交換で処理しましたが
なんせ旧車のため今後の部品供給の事を考え清掃しストック部品として保管します。
↓取り外し後の状態。
VT250SPADA フロントブレーキ ピストン 不良

サビ取り後の状態。
VT250SPADA フロントブレーキ ピストン O/H
幸いゴム部分に大きな亀裂の無い状態なので再利用は可能です。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク

マスターシリンダー O/H
フロントブレーキのレバーの戻りが鈍く
完全に戻っていない状態でブレーキランプが付いたままと言う状態。
始めはダストブーツが悪いのかと思ったのですが、どうもピストンがさびている気配。
純正パーツのピストンを取り寄せオーバーホールしました。
VT250SPADA フロントブレーキマスターシリンダー O/H1
マスターシリンダーを取り外しピストン部分を確認。
完全にサビサビです。これでは戻りが悪いはずです。
スナップリングを取り外しCRCを大量投入し駆動させ取り外しを試みるも駄目ですね。
VT250SPADA フロントブレーキマスターシリンダー O/H2
逆側のブレーキホース側から直線で叩き込めそうだったので細い棒で少しづつ叩いてみます。
VT250SPADA フロントブレーキマスターシリンダー O/H3
外れた状態です。
VT250SPADA フロントブレーキマスターシリンダー O/H4
まーとんでもなくサビています。
この後、CRCとパーツクリナーでサビ清掃、水で洗浄し、新品のピストン類を組み込みました。

しかし、、、
制動関係の確認もろくにしないバイク屋さんもあるんだなと情けなく感じましたね。
「法廷点検に基づいた検査をして出荷」と言っていてこれですから。。。

テーマ:整備 - ジャンル:車・バイク



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。